春の陽気に、中学生キャンプ

恒例の中学生キャンプが3月24~25日にかけて、いつもの山梨県上野原市にある道具博物館で行われました。昨年は、雪も降る寒い中でしたが、今年は2日間とも春の陽気につつまれ、暖かく生活することができました。参加人数は、中学生4人、スタッフ4人の計8人でした。

午後最初にやったのは、これをやらないと春キャンが始まらないという、狩猟体験です。イノシシとシカの的を狙って、弓を射ます。何人かは命中!

2番目は、今回初挑戦のきなこ団子作りです。ダイズを炒ってから石臼でひいて、きな粉を作るところから始めます。石臼から出てくるきれいで細やかなきな粉を、ゆでた白玉団子にまぶすと自家製のきなこ団子の出来上がり。ホクホクでとてもおいしかったですね。

3番目は、中学生に好評の鍛冶屋さん体験。釘を熱して自分だけのオリジナルナイフを研ぎあげて作りました。夕方は近くの秋山温泉で汗を流しました。夕食はBBQ!

2日目は、朝食を自分たちで作ったあと、機織りから挑戦。今回の講師は、飯嶋先生からやり方を教わった新中学生の佐藤君でした。全員がきれいな布を織れましたね。最後に火おこしをやって、今回のプログラムを終了しました。今年も、楽しいプログラムを提供してくださった飯嶋先生に感謝申し上げます。

気兼ねなくたき火ができ、空気がきれいなところでまったりしたい人は、中学生以上ならどなたでも参加できます。来年はぜひご参加ください。

みんなでデイキャンプ&フィールドゲーム大会

3月18日 市川市内にある「いちかわ市民キャンプ場」をお借りして春のデイキャンプを行いました。参加者は小学生9名、大人7名、幼児4名、スタッフ8名の計28名です。

9時に風の谷こども園に集合し、車3台でキャンプ場へ向かいました。現地には9時30分に到着。現地へ直接来られた参加の皆様と合流しました。車から資材を皆んなで降ろしてから、いよいよデイキャンプの始まりです。今回は3つの班に分かれてそれぞれスタッフが班付きさんとして付いてもらいました。本日は班ごとにかまどでお米を炊いてもらい、カレー、ビーフシチュー、ハヤシライスをそれぞれ調理してもらいます。班ごとに机と椅子をセットして炊事場へ移動していよいよ炊飯の開始です。

ます最初にスタッフから薪割りとかまどの火の付け方の方法を教わりました。班の中で役割りを決めたらそれぞれお米を研いだり食材を切ったりかまどに火を付けたりと、みんな楽しそうに動いていました。
初めて薪でご飯を炊いた方もいましたけれど、多少おこげがあるホカホカのご飯が見事に炊けました。カレーやシチューも無事完成。つけあわせのキャベツサラダもささっと料理して全員12時前にはお昼ご飯が出来上がりました😊

班ごとに準備が出来たらいただきまーす。お代わりする子は別の班の味見です。でも自分の班の料理が一番美味しかったみたいですよ。食べ終わったらごちそうさまの後、使った道具をきちんと洗ってスタッフの点検を受けて返却し終わったら調理はおしまいです。午後からみんなでゲーム大会を考えていましたが、いつのまにか子供達がスタッフと遊び始めていたので、そのまま時間まで芝生の広場で走り回ってもらいました。

最後にみんなで記念撮影をして無事デイキャンプも終了。スタッフより8月11日から那須で行う夏のキャンプの参加のお誘いをして、次回4月15日に風の谷こども園で開催する総会と、その午後から行うクラブのバザーの宣伝をしました。
今日はお天気にも恵まれてみんな怪我も無く、無事お昼ご飯を作ることが出来ました。またサンシャインクラブの行事にぜひぜひご参加お待ちしています。